社団法人全日本断酒連盟 ZDR
アルコール依存症とは

近年、飲酒運転による交通事故が社会的問題となり、法による罰則が強化されましたが、なかなか無くなりそうにありません。また一方では、年間3万人にもおよぶ自殺者数も一向に減少する傾向がみられません。
このような問題の背景にアルコール依存症という病気の存在、影響が指摘され、飲酒運転防止や自殺予防対策の一環として取り上げられるようになってきました。 アルコール依存症という病気の本質を知り、正しい対処をしましょう。


アルコール依存症とは
自分で飲酒のコントロールができなくなり、飲んではいけない時、場所、場合でも飲酒してしまい、問題を起こす病気です。一度発症すると、完全に治癒することはなく、再度お酒を口にすると、たちまち元の状態に戻ってしまいます。再発を防止するには断酒以外に方法はありません。

その症状
@身体的症状
長期間の飲酒生活で、アルコールに対する耐性ができ、酔いを求めて飲酒量が増えていきます。やがて、アルコールが切れるとイライラと落ち着かなくなったり冷や汗をかいたりする初期の禁断症状が現れ、手足の震え、幻視、幻聴といった症状へと進行していきます。
A精神的症状
依存症そのものが精神病ですが、不眠や不安定な精神状態から、その他の精神病、特にうつ病を合併することが多いとされています。
アルコール依存症は「否認の病」と言われます。"自らの飲酒による問題を認めない"という心の動き・パターンのことです。この否認を繰り返すことにより、自己中心・現実逃避・刹那主義というような傾向を強め、飲酒行為やその結果に対する周囲の非難・忠告を受け付けなくなります。結果として、"意思が弱い"、"無責任だ"、"だらしない"とか、本来の人格とは誤った認識をされることになります。ただし、この否認の原因は単に本人の問題ではなく、アルコール依存症対する社会的「偏見」(アル中)が根底にあることを見逃してはなりません。
B社会的症状
生活の中心が飲酒で占められるため、仕事への影響や約束不履行といった問題が現れ社会的信用を失います。このことがさらなる飲酒をよび、状況は悪化の一途をたどります。
家族との関係も悪化し家庭は機能不全に陥り、相談する相手もなく孤立感を深めます。
経済的にも借金問題を抱え込むような事態に進んでいきます。

その原因
@この病気は特定の人がかかる病気ではありません。
風邪と同じでお酒が飲めれば誰でも発症する可能性がある病気です。原因はいろいろなことが言われていますが、元をただせば、常習飲酒とその習慣を生んだ生活環境(家庭・学校・職場)によって形成された生き方にあります。 
現実の等身大の自分と「こうあらねばならない」という"こだわり"とのギャップから生まれる「生きずらさ」(満点主義、不満、あせり、ねたみ、ひがみ等々)が最大の原因です。
この「生きづらさ」は得体のしれない風船の中に孤立したようなもので、酒の酔いだけが一時的に風船から解放してくれるのです。
A性格は関係するのか
一般的には、生真面目で仕事熱心、物事にのめりこみやすい等の性格が指摘されています。しかし、これはあくまでも比較の問題にすぎません。ただ、依存症になった結果により認識される性格とは全く異なるものであることが分かります。

アルコール依存症の恐ろしさ

アルコール依存症は死に至る病です。自分自身をはじめ周囲の様々なものを失い、回復への道を歩まぬかぎり、飲酒という慢性の自殺か、本物の自殺へと追い込まれていきます。



アルコール依存症からの回復


@身体症状からの回復(第一段階)
まず、アルコール専門の病院かクリニックに相談しましょう。依存症が進行していて、アルコールの離脱症状(禁断症状)が重い場合は、アルコールを切ること自体に危険を伴うことがありますから、医療機関の治療を受けることになります。入院する必要がなければ、通院と並行して自助グループの集いに参加しましょう。この時点でアルコール依存症の正しい知識を得ることが後の治療と回復にとって大事です。
A精神症状からの回復(第二段階)
断酒を継続することで、「否認」を解除していきます。否認には「第一の否認」と「第二の否認」があります。まずは第一の否認の解除です。自分自身が(家族も含めて)アルコール依存症であることを認め、断酒を決意し、あるがままの自分自身を肯定し、本来の自分の姿を取り戻す段階です。断酒を決意しても、ひとりで継続することは不可能です。
 自助グループで同じ苦しみを経験した仲間の話を聞き、自分の経験も話していきます。
Bアルコール依存症になった背景を見つめる(第三段階)
断酒していても、「酒さえやめていれば十分だろう」と、ものの考え方や行動を変えなければ、「生きづらさ」は解消されません。自助グループで仲間の話を聞き、自分の酒害体験を掘り起こしていくうちに、自分自身への洞察力が生まれ、依存症になった背景が見えてきます。自分自身の改革の始まりです。これが「第二の否認」の解除です。
C家族の協力
酒害当事者の長い間の飲酒生活に巻き込まれ、振り回された家族は最大の被害者ですが、同時に当事者と同じように精神的に病んでしまっている場合が多いとされています。
当事者が回復軌道に入っても、家族が病んだままでは逆戻りしかねません。
本人と歩調を合わせた、家族の回復と協力が必要です。
医療機関の家族学級や自助グループに参加しましょう。
まず、病気の本質を正しく理解しましょう。本人の失敗の後始末をしてはいけません。
本人と同じく、偏見に基づく否認を解除しましょう。世間体に捕らわれてはいけません。


MENU
全日本断酒連盟と断酒会
アルコール依存症とは
あなたは大丈夫?
早期の相談が大切
ご家族の皆様へ
相談窓口案内
HOME
copyright (c)  社団法人 全日本断酒連盟 All rights reserved.