公益社団法人 全日本断酒連盟
Last up Date 2016.3.1
 
断酒例会とは
断酒のすすめ
家族の方へ
相談窓口
ディスクロージャー
図書案内
躍進する全断連
断酒宣言の日
ひとくち講座
自殺問題と断酒会
関連リンク

携帯サイトでも
ご覧いただけます。

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-2-2
エスコート神田岩本町101号


電話:03-3863-1600
FAX:03-3863-1691

お酒のことでお困りの方、悩みがある方、左の相談窓口を押してください。

各地域の相談員がご相談に応じます。

アルコール健康障害対策基本法を推進しよう
NEWS
断酒会の活発なアルコール関連問題啓発活動

 

≪アルコール健康障害対策推進基本計画案まとまる≫
アルコール関連問題の関係者(医療・地域行政・自助グループ等)と内閣府をはじめとする関係7省庁で構成される関係者会議で、国としての基本計画案がまとまった。
○基本的な方向性は、以下の4点です。
 @正しい知識の普及及び不適切な飲酒を防止する社会づくり
 A誰もが相談できる相談場所と、必要な支援につなげる相談支援体制づくり
 B医療における質の向上と連携の推進
 Cアルコール依存症者が円滑に回復、社会復帰するための社会づくり
○第1期基本計画で取り組むべき重点課題として、2本の柱が立てられました。
 第1期は平成28年度〜32年度で、必要に応じて、5年以内に見直されます。
 @飲酒に伴うリスクに関する知識の普及を徹底し、将来にわたるアルコール健康障害の発生を予防
 Aアルコール健康障害に関する予防及び相談から治療、回復支援に至る切れ目のない支援体制の整備



≪都道府県アルコール健康障害対策推進計画の策定開始≫
 国の基本計画は、5月の閣議決定を経て、都道府県にまわり、各地域の実情に応じた都道府県推進計画の策定が開始されます。既に、多くの地方自治体で、その準備会等体制づくりが行われています。
 アルコール健康障害対策の実行は地域が主体です。実際に効果のある具体的な施策が次々と打ち出されることを期待しましょう・

≪断酒会は≫
○断酒会は、国の基本計画策定のため、関係者会議に参画しましたが、都道府県推進計画の策定にも地域連携の中核団体として、全力を挙げて協力してまいります。
○アルコール関連問題啓発週間(11月10日〜16日)には、内閣府はじめ関連省庁の後援を得て、全国一斉酒害啓発街頭キャンペーンとアルコール関連問題啓発フォーラムやセミナーを開催します。
○12月には、アルコールの害から回復した人たちの歓びの祭典、全日本断酒連盟第53回全国大会を開催し、酒害の啓発と回復の証明に努めます。

 (日 時)平成28年12月4日 10:00〜15:30
 (場 所)香川県高松市 サンメッセ香川 高松市林町2217-1 (Tel) 087-869-3333
 (参加費)2,500円
  お問い合わせは、(Tel) 03-3863-1600まで

アルコール健康障害対策基本法
アル法ネットHP

 

 

copyright (c) 2002-2012 公益社団法人 全日本断酒連盟 All rights reserved.