公益社団法人 全日本断酒連盟
Last up Date 2014.1.29
 
断酒例会とは
断酒のすすめ
家族の方へ
相談窓口
ディスクロージャー
図書案内
躍進する全断連
断酒宣言の日
ひとくち講座
自殺問題と断酒会
関連リンク

携帯サイトでも
ご覧いただけます。

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-2-2
エスコート神田岩本町101号


電話:03-3863-1600
FAX:03-3863-1691

お酒のことでお困りの方、悩みがある方、左の相談窓口を押してください。

各地域の相談員がご相談に応じます。

アルコール健康障害対策基本法成立
NEWS

平成25年12月7日参議院本会議において、超党派アルコール問題議員連盟提案の「アルコール健康障害対策基本法」が可決され、ここに全断連結成以来50年の念願であり、お酒の害に悩み苦しむ人々待望のアルコール依存症をはじめとするアルコール関連問題を根本的に解決するための法律が成立した。
世界の中で、日本はアルコール問題対策が最も遅れた国の一つとされてきたが、超党派のアルコール問題議員連盟はじめ関係者の努力により、漸く、アルコール依存症問題を正面から取り上げ、関連問題を総合的に解決するための法律が誕生した。

(平成25年12月7日参議院本会議)


この法律は問題解決へのプログラムを示した理念法であるが、今後、これに実効性を持たせるためには、政府による基本計画の策定にあたり、当事者を含む関係機関による主張と活動が何よりも重要であり、断酒会にも重い責務が付託されたことになる。

基本法に定める基本的施策には、「酒害当事者・家族に対する相談支援」、「社会復帰の支援」、「民間団体に対する支援」など10項目が定められており、これら施策の一つ一つが漏れなく確実に実行に移されるための活動を粘り強く展開していかなければならない。

アルコール健康障害対策基本法
アル法ネットHP

 

 

copyright (c) 2002-2012 公益社団法人 全日本断酒連盟 All rights reserved.