断酒例会とは
断酒のすすめ
家族の方へ
相談窓口
ディスクロージャー
図書案内
躍進する全断連
断酒宣言の日
ひとくち講座
自殺問題と断酒会
関連リンク
 
HOME

 
  酒害体験を聴く、そして話す
「一日断酒」「例会出席」この繰り返し


断酒会活動の基本は例会である。

この例会は、大小の差はあるが、20名くらいで約2時間、酒害体験を話し、それを聴く。家族も参加する。家族も酒害体験を話す。


  家族は依存症本人ではないが、酒害の影響をまともに受けている。体験談を話すことにより、家族も自己洞察が強まり、回復へと結びついていく。
 
  この家族の体験談を本人が聴くことにより、記憶から抜けていた飲酒時代の凄絶な真実を思い出させてくれる。体験談は自分がしたことの事実と、その時の気持ち・真情を語ることが大切である。なぜなら、真情を語ることで反省が生まれるのである。

今までは、「意志が弱いから酒が止められないのだ」と周りの人たちから責められ、また、「やめたいのにどうしても飲んでしまう」という言い分をまったく聞いてもらえなかった。例会に出席してそれを話すと、みんなが分かってくれる。認めてくれる。

ここから、みんな仲間だという一体感が生まれる。

また、例会に出席し続けることにより、自分は酒をコントロールできないのだ、自分だけが違うのではなく、みんなと同じ依存症なのだという自覚が心に生まれてくる。

この「一体感」と「自覚」が断酒継続の原動力である。


このように断酒会では体験談を最も重要視する。したがって、体験談を話し、これを聴く場である例会では、体験談に終始する。

体験談は「言いっぱなし」の「聴きっぱなし」。

この部屋で聞いたことはこの部屋に置いていく。体験談の秘密を守ることも大切である。



copyright (c) 2002-2012 公益社団法人 全日本断酒連盟 All rights reserved.